カテゴリ:犬との日常 ・ 犬たちのこと( 59 )

食事の度に

c0145397_2331677.jpg
このごろは、ニンゲンの食事の度に、大和とこれをやっています。
椅子の下に入って、おとなしく休む練習です。
我が家の食卓の椅子は、構造的にこれをやるのが不可能なので(脚と脚の間に、補強用のつっかえ棒がある)、パイプ椅子を買ってきました。
それでも、大和にはやっぱり小さくて、上半身しか入りません。

本当は、ハンドラーが犬から離れることはあり得ないので、このような写真を撮っている場合ではないのだけれど、今回は特別ということで。

c0145397_23312737.jpg
よしよし、寝た。 それでいいんだよ~。^^
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-02-28 23:58 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

沈没中。

ひさびさに、キョーレツな風邪をひいてしまった。 しんどー。。。
体の節々が痛みを放って、「動かないで寝てろ!」と命令してくる。
んが、そうもいかない(泣)。

c0145397_2330565.jpg

私が沈没していると、犬たちのテンションも下がるようで。
いつにも増して、しーんとしてます。
写真は、ハウスに入っているタズちゃん。
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-02-16 23:41 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

大きな違いらしい。

c0145397_231078.jpg

私がパソコンをやっていたら、大和が私のそばで休みたいというので、パソコンデスクの隣に毛布を敷いてやった。
で、そこで休ませたのだけれど、私が隣でパソコンをやらずに正面でカメラを構えはじめたので、ちょっと不服そうな顔をしてみせる大和。
そばはそばでも、足元のすぐ隣にいるのと、向かい合ってちょっと離れているのとでは、大和にとっては大きな違いらしい。
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-02-13 23:23 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

ちゃっかり者できれい好き。

c0145397_22561024.jpg

お掃除したてのハウスの中に、洗濯したてのふっくら毛布を2枚重ねで敷いたところ、「では、わたくし、さっそくこちらで休みますわ」と言わんばかりにやってきたタズちゃん。
本当にあなたは、ちゃっかり者できれい好き。
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-02-08 14:05 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

通りすがりのカメラマン。

c0145397_2029278.jpg

2頭並べて写真を撮っていたら、私の背後でこちらを向いてシャッターを切る人が。
もちろん、被写体はこの方々(笑)。
犬たちは、犬好きと思われるそのおしゃれな男性の挙動に興味津々。
しげしげと見つめていたので、カメラ目線の2頭が撮れたことでしょう。^^
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-01-26 21:00 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

カフェで。

c0145397_1925783.jpg


c0145397_19253295.jpg


c0145397_1933677.jpg

今日の散歩の折り返し地点は、このカフェ。
ティータイムなんだか、おやすみタイムなんだか。
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-01-20 19:48 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

関節がすり減りそうだ。

c0145397_2295944.jpg
仕事で9時間立ち通しだったというのに、犬たちとの散歩では、なんだかんだ9キロほど歩いてしまいました。
実は、こういうことは、よくあるわたくし。^^;
さすがに関節を悪くしそうなので、プロテインとビタミンCの摂取を心がけています。

ムキオさんに、「関節のためにも、筋トレをやれ!」などと言われては、「いやだ!」と逃げる毎日。 いつまで逃げきれるだろう。
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-01-17 22:27 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

大和が来て3年。

c0145397_7194099.jpg

あいかわらず、暗い時間帯の写真ですが(日の出前)。
天気の良い、明るい時間帯に犬たちを撮ってあげたいのだけど、なかなかむずかしい今日この頃です。

おとといの12月8日に、大和が我が家にやってきて丸3年になりました。
遅く感じることもなく、早く感じることもなく。

年齢はわかりませんが、今の印象としては、6歳を越えているのではなかろうかと思います。
だんだん、実年齢が見えてくるような関係になったというか。 そんな感じです。

昨日、タズを連れて、セラピードッグ・ホームドッグ訓練会(国際セラピードッグ協会)に参加してきたのですが、その際、大和の丸3年を記念して、大木トオル先生の著作本とCDを購入し、それぞれにサインもいただきました(書籍には、表紙の内側に書いていただいています)。

c0145397_6295029.jpg

「名犬チロリ」は、就寝前に一気読みしてしまいました。
保健所からチロリちゃんを救出するときのことが書かれている部分では、大和を引き出したときのこととだぶり、当時のことを鮮明に思い出し、涙が出そうになりました。

あの時のことは、けして、忘れてはいけない。

大和が保健所から来た犬だからと特別扱いすることはまったくしない我が家だけど(状況によっては配慮はします)、この事実への意識が頭から離れることは、けしてありません。

捨てられた経験を持つ犬たちとその飼い主のことを、「スタートラインがマイナスからはじまる」と仰った先生。
私も、本当にそう思います。

------------------------------------------


今朝、大和がいきなり上手にできるようになったこと → ハウスの中で食事が済んでも、ドアが開いているからと言って勝手には出ない(できればそのまま穏やかに寝ておく)。 笑

ほとんどが目に見えないペースで進歩する大和だけど、突然、理想の状態を維持しはじめることがあるので、本当におもしろいです。
[PR]
by lapis___lazuli | 2007-12-10 05:17 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと

December

師走になりました。 今年ももう、あとわずかですね。
「ふぅっ。 忙しいね~」なんて言いながら過ごす師走、大好きです。
ちょっぴり風邪をひいてしまいましたが、楽しく働き、犬たちと元気に過ごしています。
そろそろ大掃除に取り掛からなきゃ!

先月の24日は、大和とセラピードッグ訓練会に参加してきました。
大和さん、フリーコールで「わかんねぇーーーーーっ!」とキレました(笑)。
キレたと言っても、狂暴にキレたのではなくて、腰を下げて蚤のような姿勢で突っ走るアレです。 あの走り方で呼び戻ってきたのです。^^;

なんでキレたのかなぁ?って数日考えてみたら、ものすごーく単純な理由が判明。
本当に、犬っておもしろい(笑)。 その理由は、またの機会に。^^

ヒントは、下の写真。
c0145397_224775.jpg

[PR]
by lapis___lazuli | 2007-12-01 22:14 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと