2008年 02月 24日 ( 1 )

今ではたのもしい大切な存在

c0145397_20213233.jpg

母が、「おいしいお米をもらったから、おすそ分けするわ~」と言って送ってくれたお米。
おいしくな~れ、おいしくな~れ♪ と見守りながら炊く。

半年前に電気釜が壊れて以来、こうやって直火で炊くようになった我が家。
当初、「いつかは面倒がって電気釜を購入することになるんだろうな」と思っていたのに、意外と、電気釜がほしいと思うことなく今に至っている。

今炊飯に使っているのは、たまたま持ち合わせていた磁器鍋。
ムキオさんが大学生時代に下宿先でお皿として使っていたもの。^^; おそらく、実家からテキトーに持ってきたんだわ。

そんな古~い磁器鍋だけど、とってもおいしく炊けるので、今ではたのもしい大切な存在。
ガラス蓋なので、炊け具合が確認できるところも、これまたグッド。

ムキオさんが皿として使わなくなってからは、何年も何年も、ず~っと棚の奥で眠っていたこの磁器鍋。
こうやって、ごはん炊きで愛用される運命の持ち主だったとは(笑)。
[PR]
by lapis___lazuli | 2008-02-24 20:55 | 食・おいしいもの