大和その後

c0145397_1747029.jpg
当分デジタル一眼が手元にないもので・・・これは先月撮った写真です。

大和が大きく体調を崩した先月の21日から、半月ちょっとが経ちました。
体重が29.8kg にまで落ち、びっくりです。@@;
でも、波はあるものの、その波も次第に緩やかなものとなり、おおむね回復傾向にあります。

この騒動ですっかりドライフードを絶ち(それまでは自然食とドライフード半々)、自然食オンリーで回復をはかっています。
まだ消化機能が万全でなく、ドライフードを加えるとたいてい数時間後に吐いてしまうのです。

自然食オンリーの恩恵はタズも存分に享受していて、それはもうご満悦です(笑)。

これから我が家はどうなるんでしょう。
このままドライフードとサヨナラなんでしょうか。

大和は活動があるので、できればドライフードにも頼りたいところなのですが、もともと腸が弱い体質なので、完全自然食に切り替えた方が大和のためなのかも知れません。
とはいえ、食事を持参しなければならないほど長時間の活動は少ないですし、そういった場合はウエットフードや水分でふやかすだけのフリーズドライタイプのもので代用したり、季節によっては作ったものをタッパに入れて持参することもできますしね。
旅行やレジャーでは自由がきくのであまり不安はないですし。
検討したいところです。

それにしても今回は長引いています。
こんなのははじめて。
お散歩もウホウホだし、見た目は元気なのですけれど、もう年なんでしょうかね(なにぶん年齢不詳なもので・・・)。

最近、数メートル歩くごとに後ろ脚の爪を引きずる音が「ジャラッ」っとするようになりました。
両方の後ろ脚の間隔も狭くなり、老いてきたなという感じです。

タズも来月10歳だし、うちはそろってシニア犬ってことなのかな。
どうかゆっくり年をとってね。
[PR]
by lapis___lazuli | 2009-08-04 19:18 | 犬との日常 ・ 犬たちのこと
<< その後とこれから。 涼しくても夏 >>